乾燥肌対策 オールインワン

MENU

乾燥肌におけるセラミドの重要性

乾燥肌には保湿が何より大切であることは自明ですが、肌には水分と油分をバランスよく補う必要があり、自分の肌の様子を見ながら保湿することが大切だと思います。
わたしの場合、水分と油分が不足しているため、油分の多いクリームをたっぷりと塗るだけでは吹き出物ができたり、内側が乾燥しているような肌の不快感がありました。そこで、まず化粧水でしっかりと水分を補給したあと、セラミド入の保湿材を塗るようにしました。セラミドは人の肌の角質層の重要物質であり、皮膚の保護やバリア機能の働きをしているためアレルギー反応が起こらないこと、水分を保持する働きがあること、アトピー性皮膚炎の有効薬として使われるほど鎮静効果がたかいことから、セラミド入りの保湿材を使用することにしました。セラミドには天然セラミドとバイオセラミドがあり、天然セラミドのほうが効果が高いとされています。私は天然セラミドに馬油を使っています。馬油は浸透力が高く、化粧水の前のブースターとしても使用できるため、感想が特に気になるときにはブースターとして使用し、化粧水のあとにまた塗っています。それだけでは感想が気になるので、比較的安価なバイオセラミドと気に入ったクリームなどを混ぜて蓋をするように塗っています。

乾燥肌オールインワン