乾燥肌対策 オールインワン

MENU

乾燥肌用の化粧品は何が違うの?

乾燥肌用の化粧品と普通の肌用の化粧品の違いは何なのでしょうか。それは刺激の違いです。化粧品には様々な薬品が入っているので普通の肌では大丈夫な薬品の刺激でも、乾燥肌の人では赤みが出たり、腫れてしまったりすることがあります。そのため乾燥肌用の化粧品は全般的に肌に刺激が少なく、お肌に優しい化粧品となっています。しかしながら乾燥肌用の化粧品が悪いものを使っていないとか、薬品の数とかが少ないというわけではありません。あくまでも肌に刺激の強い薬品を使うのを控えているだけなのです。また普通の人に乾燥肌用の化粧品を使っても余り余計な効果はないといわれています。しかし、生理前やストレスがかかるときなどで自分の化粧品を使ってみるとしみて痛いときや肌がかさかさになってきたときなど、普通の化粧品ではダメだなと思うときには乾燥肌用の化粧品を使ってみることも大切です。そして乾燥肌用の化粧品には明確な決まりがないということも覚えておかなければなりません。明確にこれを使ってはいけないなど決まっていないので、メーカーによっては乾燥肌用の化粧品でも赤みが出たりピリピリしたりすることがあります。その場合は乾燥肌用の化粧品でも違うものに変えてみたりすることが必要でしょう。

乾燥肌オールインワン